星を追う子ども

監督:新海誠
声優:金元寿子/入野自由/井上和彦
制作:2010年日本
http://www.hoshi-o-kodomo.jp/top.php



今までの作品とは全然違ったけれど、やっぱり私は新海誠監督が好きだ。
一番好きな秒速5センチメートルはかなりリアルな、手を伸ばせば触れられるような作品世界だったので、今回のファンタジー寄りの物語に少し驚いたし、何なら「この場面、ジブリで観た!」と思うほど似てるような構図のシーンもあって、どうしてこんなにジブリに寄せてきたのかと不思議に思うこともあったけれど。


伝えたいことがしっかりとしていてブレがない分、最近のジブリより中身がある仕上がりに感じた。色も独特の、夢見るような新海カラーが美しくて印象に残る。せっかくなんだから、キャラクターデザインや構成なども唯一無二にしたらいいのにね。主人公の男女が手をつなぎながら上空から落ちるとか、完全にジブリだもの…主人公の女の子も全然可愛くないし(笑)


ただ登場人物の外見はともかく中身はどれも魅力的で、ラストでは涙。異世界やそこの生き物たちにわくわくする、王道の冒険ファンタジーだった。